管理人自己紹介

管理人の40歳バツイチの独身サラリーマンです。

仕事が忙しく休みもままならない為、女性とエッチな事をするにも難しい...
自分の時間の制約、有効活用など考えると「デリヘル」が好都合!

現在、40歳のデリヘル大好きサラリーマン。
風俗デビューは少し遅めの30歳。

毎月のお給料の中には「デリヘル研究費」として趣味の予算枠をもうけて、
趣味の域を超えてしまっている。
もはや、ライフワークとも言えるかもしれない...

呼ぶのは、もっぱら自宅にて呼ぶことが多く、
自分の自宅に呼ぶという恋人感覚が本人の満足度を高めているらしい。

地方への出張の際は、ビジネスホテルでなくラブホテルを利用...。
浴槽とベッドの大きさにこだわりがあるらしい...

風俗デビューのジャンルは「デリバリーヘルス」(^^) 
きっかけは会社の悪い?同僚...

最初に接客された女性が良かったので、それを機に、
他のお店なら?他の女性なら?どうなんだろう?と、
爪を伸ばし続けて、気がつけば、かれこれ10年...の歳月。

もしかすると、最初についた女性の接客状況が最悪だったとしたら、
こんなにデリヘルにハマる事もなかったのでは?
という噂を聞いたり聞かなかったりします... 

初接客を受けたデリヘル◯△■の◯✕ちゃんに感謝!?
すべきなのか、どうなのか...答えは未だ見つからず...(-_-;)

まだまだ、新しいワクワクを求めての夢追い人...。トレジャー・ハンター。火の車...。
デリヘル、ピンサロ、ホテヘル、ソープ、怪しい中国系、回春エステ、裏風俗...と
すべてのジャンルを網羅。

「判断基準はおもしろそうか?どうなのか?」

風俗の中でも大好物は、もちろん「デリヘル」

風俗を知るまでは、女の子とHするには
コンパして時間を掛けて口説いて、ホテルへ行ってと...

時間とお金が掛かることを非常に無駄に感じていたが、
30歳の時に「デリヘル」と...出・会・っ・た...

お店に電話したらすぐに来てくれるという手軽さから 、デリヘルにハマる...

自分の顔も名前も知らない、自己紹介もいらない、
そんな女性が「ピンポン!」とチャイムがなればドアを開け...

HPで見たあの娘が、服を脱いでる!裸になってる!自分のアソコを舐めている!?

「なんて、コンビニエンス!」

仕事柄、出張が多く全国津々浦々のデリヘルを呼んでは良いこともあれば、悪いこともあり...

失敗失敗...の繰り返しだったが、これも「風俗の醍醐味!」

と自分に言い聞かせ、失敗を笑いと経験値にかえ今では、
優良店、悪質店の見分け方や、
女性のグラビア写真から読み取れる、その女性のオモテとウラ...

また、そのお店がどの程度まで女性を推しているのか...
また、店員の電話応対、ドライバースタッフの風貌からお店の内部まで見抜けるほど、
風俗偏差値は日々、上昇中!

団体行動を苦手とし、常に単独で動きまわる1匹狼タイプ。

「操作は自分の足で調べる!」

をモットーに、クチコミ、書き込み、体験談などの
いわゆる評価はアテにせず信じるのは、
「自分の目と耳と身体と...心」のみが評価基準

という現代社会では、例をみない
「ストイックな、あくなき性の探求者」であると自負している。