好かれる客と嫌がられる客

何気なくやっていることが、実は嫌われる原因になっていた...なんてことは日常の男女間でもよくあることです。

ここでは風俗嬢に嫌われないために好かれる客と嫌がられる客についてご紹介します。

風俗でのタブー5ヶ条

  • 本番行為

    一部の特殊風俗店を除き風俗では本番行為は禁止です!このルールを知っているにもかかわらず本番強要をする客はあとを絶たないようです...
  • 風俗嬢が嫌がること、傷つくこと

    風俗嬢のNGプレイの強要が駄目なことは当然ですが、暴言や暴力をふるう客も多いようです...
  • プライベートなことを聞く

    風俗嬢のプライベートを聞きたがる人って多いです。お気に入りの風俗嬢の特別な存在になりたい気持ちは分からなくもありませんが、風俗嬢から言わない限りこちらからは聞いてはいけません。
  • 断りのない写真や動画撮影

    オプションで撮影のあるお店でオプション料金を支払いお店公認であればかまいませんが、 盗撮は犯罪です!
  • 飲酒・薬物を摂取した状態

    少しくらいのお酒なら良いとは思いますが、泥酔状態での利用や、薬物を摂取しての利用は、風俗嬢を困らせたり怖い思いをさせてしまいますので絶対にやめましょう。

上記にあげた5カ条は、嬢に好かれる以前に、風俗店を利用するための最低限のマナーです。

次に、風俗嬢に嫌われない為のポイントを紹介します。

  • 清潔感をアピール

    まず第一印象で好感を持たれたいと思うなら、常に「清潔感」を与えられるようにしましょう。当たり前のように思われますが、これは非常に重要なポイントです。

    風俗嬢は常に「病気」の危機にさらされています。女の子の心理では無意識のうちにその危険を感じていて、万が一不潔な相手に出会うと無意識だった危険信号が一気にむきだしになります。

    こうなってしまうと女の子の意識の中で常に拒否反応が...いくらあなたが女の子を気に入り好かれたいと思っても難しくなります。
  • がっかない

    お気に入りの女の子を目の前にすると性欲もMAXになってしまい、時間いっぱい快楽に酔いしれ短時間で何回も抜こうとしたりあれもこれもしたいと...

    がっつく客は女の子に嫌がられてしまいます。
    むしろ会えたこの時間が嬉しいというくらいの余裕を見せて女の子の身体ではなく存在が目的という気持ちをみせるようにしましょう。

    女の子からすれば余裕を見せてくれる客には少なからず良い印象としてのこるはずです。
  • 褒めてあげる

    女の子を褒めて気分良くさせてあげる事は基本ですが、ここでの褒めるは「可愛いね」とかの外見やスタイルではなく、プレイ中に喜んであげることをさします。

    例えば、女の子が全身リップやフェラをしてくれている時に、喘ぎ声をたくさん出したり、「上手だね」「気持ちいいよ」と言葉にしたりわかりやすくアピールできるといいですね!

    女の子にとっても、相手が喜んでくれる事が嬉しいことです。また女の子の中で、自信を持たせてくれる存在になれれば、また来て欲しいお客様という認識にもつながるはずです。

一番大切な事は、風俗嬢は女性であり普通の人間です。お金持ちだから、イケメンだから必ず好かれる客とは限りません!

ちょっとした気使いや心がけで、女の子に与える印象が大きく変わるということを覚えておきたいものですね。